セックスレスの対策は積極的に行った方が良いですよ、離婚の直接の原因になることも多いのでスキンシップだけでも意識しておきましょう。

セックスレス対策

HOME

セックスレスは離婚の理由

セックスレスが離婚の理由になるといわれていますが、これは本当なのでしょうか?

結論からいうと、本当です。

まず、民法で定められている離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)原因は、次の5つです。

・配偶者に不貞行為があった場合

・悪意で遺棄された場合

・生死が3年以上不明の場合

・強度の精神病(カウンセリングや薬の服用で症状が改善できることもありますが、一生付き合っていかなくてはいけないことも少なくないでしょう)で回復の見込みがない場合

・婚姻を継続し難い重大な事由がある場合

セックスレスというのは、この中の「婚姻を継続し難い重大な事由がある場合」に該当します。

お互いが性行為をしないことを納得しているのであれば問題ありませんが、片方が拒否している場合はセックスレスが原因で離婚ができるんです。

その場合、性行為を拒否している方に慰謝料を請求することもできます。

慰謝料の金額は、一般的に数十万円〜数百万円程度です。

このように、セックスレスが理由でも離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)はできちゃうので、夫婦円満に過ごすためにもなるべくされた方が良いかもしれません。

もし、何かしらの原因でできないのであれば、それを配偶者に打ち明けることが大切になります

スキンシップだけでも

セックスレスになったとしても、スキンシップはしていた方がいいのかもしれないですね。

セックスレスで、しかも、スキンシップなしとなると、そこからセックスレスを解消するのはかなり難しいです。

カップルであればスキンシップも何もないと別れる原因になりますし、結婚している方であればそのままだとセックスが余計にしづらくなるので、いざ子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)が欲しいと思った時に作ることが出来ません。

そのため、仮にセックスレスだったとしても、いつでもセックスができるような雰囲気を作るためにも、スキンシップだけはしておきましょう。

スキンシップを普段取らないと、いざしようと思った時に誘いたくても誘うことができません。

自らも切り出しづらいですし、相手も切り出しづらいものです。

また、誘われても素直に承諾することができない場合もあるでしょう。

それに、長い期間スキンシップがないと、お互いを異性として見ることができてず、セックスに対しての抵抗感が増してしまうはずです。

ですから、ハグやキスだけでもしておいた方がいいのです

40代男性の婚活